えんちかプロジェクトとは

 私たちはWING SCHOOLの給食室から、 「幸せな未来を築く力」をつけるために学ぶ子どもたちとそこに関わる大人たちが過ごす時間をより快適に学びのパフォーマンスを最大限に受け取ることができるよう 食を通してサポートするプロジェクトのことで、縁の下の力持ち(以下、えんちか)になれるよう給食の時間を担
うものです。

 えんちかのめざすところ 食をおなかを満たすものという概念にとらわれず心を満たし、 背景を大事にできる給食をつくります。

 おいしいかどうか? 栄養は取れるか? にとどまらず食が担うこどもたちの心を育む活動をします。 全部食べること、早く食べれることが偉いなどという、成果を求めるのではなく、 まんべんなく食べる、与えられた量を食べることをせず、 自分の好きなものを選んで自分に許可する体験を積み重ねます


食べる

 食材の背景 お米を作るのに八十八手が必要であるように食材の一つ一つには何一つ欠けてはならない要素がたくさん集まって食卓に届いています 食べる人の幸せを願い届けられる食材をつかいます。


 つくりての想い つくりては、食べる人が笑顔になって、幸せになることを願い、時には寄り添い、時には励まし、時には遠くから見守ることのできる共通理解しながらつくります。教師との共通理解にも努力します。


社会性

 食べるときの環境 ほかの年齢、普段は関わらない先生とともに食べることによって(場合によっては一人で食べたいことがあればそれも推奨)楽しさや、人の声などのポジティブなエネルギーをたくさん受け取れる環境を大切にします。


FaceBook もご覧ください。